歯並びを良くするために普段から気を付けたい習慣

歯並びをよくするための習慣

歯医者さんの仕事

生きてきて「歯並び」を気にしたことがある人は、意外と多いのではないでしょうか。 歯並びって、生きていくうえで地味に重要ですよね。 歯並びが良くないと、歯が磨きにくくなって口臭の原因になったり、ステイン(黄色っぽい)汚れが目立ったりしてしまいます。

歯のあれこれ

皆さんは、自分の歯についてどのくらい正しい知識を持っていますか? 歯医者さんで働いている方たちは、みんな歯のプロフェッショナルです。 分からないことがあったら、質問すれば教えてもらえます。 こちらでは、主に矯正以外でできる「歯並びをよくする習慣」についてご紹介していきます。

歯磨きと歯並びの関係

現在たくさんの歯医者さんが町中にあふれています。
じつは、歯科医師が一時期飽和状態になったほどなのです(歯科助手や歯科技工士さんは人手が足りなくて需要が高まっています)。

歯医者さんはなんだか怖い思い出が多くて苦手という方は多いですよね。
しかし、じつは歯医者さんの仕事は、歯を削るだけではないんですよ。

こちらでは、意外と知られていない歯医者さんの仕事についてご紹介していきます。

まず、イメージする人も多い「虫歯の治療」です。
これは歯を削るだけではなく、フッ素塗布をしたり、かみ合わせのチェックもしたりします。

次に、歯医者さんではホワイトニングをしてもらったり、インプラントを作ってもらったりもできます。

そして、「歯磨き指導」と「歯並びの矯正」を行うのも歯医者さんなのです。
これは、歯科医師さんだけでなく、歯科助手や歯科技工士の方がメインで働いてくれることでもあります。

たとえば子どもの頃に学校に歯医者さんが来て、赤い色素を歯に塗って歯磨きの仕方を教えてもらうという経験をされた方も多いのではないでしょうか。これは、多くの場合歯科助手の方が行っています。

子どもも通院している場合が多い歯医者さんでは、子どもと楽しく歯磨きを学ぶ能力がないとできないことです。歯科助手さんはハイスペックなのです。

また、歯ぎしり予防のマウスピースや入れ歯、インプラントなどを作ってくれるのは歯科技工士の方です。

歯並びによって、歯磨き指導をしてくれたり、その人に合った矯正を教えてくれます。
歯のことで分からないことがあれば、皆さん親切にすぐに教えてくださいますよ。

この記事を読んで、歯医者さんへの苦手意識が軽くなったら幸いです。

矯正について

やっぱり、歯並びは重要ですよね。 人のイメージや関係性は第一印象でほぼ決まるという話もあるほどです。 しかし、生まれ持った骨格はなかなか大きく変えることは難しいですよね。 そこで、矯正をすることで、それを変えることができます。 こちらでは、歯列矯正についてご紹介していきたいと思います。

TOPへ戻る